日本と海外の病院の違い

海外と日本の医療制度には大きな違いがあります。
それは国によるので一概にはいえませんが、日本と海外の病院の違いとしては保険制度の違いがあります。
日本の場合は皆保険制度があるので負担を小さく抑えることが出来ますが、この保険制度のない国では大きな負担になりやすいです。
有名な国としてはアメリカがそうですが少し前まで保険制度なかったので、病院の治療費で自己破産する人が多くいました。
ただ海外にも保険制度がある国は多く、日本よりも優れたシステムを採用している国はあります。
例えば医療費が全額ただの国もあり、先進国ではそのようなシステムで運用していることも多いです。
日本と海外では病院のシステムはあまり変わらないのですが、支払いや保険制度の違いに大きな差があります。
例えば複雑な保険制度や手続きがいる国ならば、薬を買うまでにあちこち行く必要があります。
更にアメリカのように保険制度が十分でない国の場合は、いちいち医療行為を受けるときの費用を確認する必要があります。
商品を買うように負担ができる医療行為を探さなければいけないので、大変な手間がかかります。
日本と海外の病院の違いとしては保険制度の違いと、手続きの仕方の違いが大きくあります。