週末のセックスライフを楽しむにはシアリス

目次
休日を楽しく過ごしているカップル

一般的な社会人の方々は、土曜日と日曜日がお休みです。
大勢のサラリーマンは土日が唯一の自由時間ですので、その期間を利用し、恋人や妻とデートをします。
現実問題として大人のデートに肉体関係は欠かせません。
プラトニックな愛も素敵ですが、やはり二人の愛情を確かめ合うには性交が一番なのです。

ただし、最近の労働環境は非常に激化しています。
特に男性は平日の間、毎日働き続けているため、木曜日や金曜日が訪れる頃には心身ともにヘトヘトです。
せっかくの週末のセックスライフが精力不足で満足に楽しめない、そういった不満を抱える男性も珍しくありません。

そんな不満を解消するためにはED治療薬シアリスが効果的です。
ED治療薬と言えば、速攻力に長けるものの、数時間程しか効力が得られない、そう感じる男性陣は多いです。
確かに一般的な治療薬はその通りですが、シアリスの効果時間は極めて長く、その効力は24時間から36時間になります。
具体的には金曜日の夜に使用したシアリスの効力は、最長で日曜日の朝から正午頃まで持続するのです。
その間、ED治療薬としての効き目を強力に発揮してくれますので、心労による勃起力の低下や肉体疲労による精力減衰を見事に予防出来ます。

シアリスはじっくりと下半身に働くED治療薬ですので、速攻力は若干低めですが、 そのおかげで治療薬特有の偏頭痛や消化不良、筋肉痛、鼻の違和感等が殆ど生じないのです。
ED治療薬特有の副作用を全く体験しない男性ユーザーもいらっしゃいますし、仮にデメリットが発現しても、リスクは微量ですので、しばらく安静にしていれば無事に頭痛等は落ち着きます。
最低24時間以上の勃起力が得られるシアリス、週末デートの前に服用すれば、土日の間、複数回のセックスが出来る素敵な時間が得られますので、存分に愛し合いたいカップルや夫婦には最適な治療薬となります。

シアリスはどのように作用する?

勃起不全薬のシアリス

シアリスは器質性や心因性、または両者が原因となって起こる勃起不全(ED)の治療に用いられる薬で、PDE5阻害薬と呼ばれ、自然な勃起を促すと共に、長時間の維持に効果を発揮します。
正常な男性の勃起は、脳が性的興奮を覚えると、神経を介して体内に一酸化窒素(NO)が放出され、海綿体の中で血管拡張を行うためのサイクリックGMP(cGMP)と呼ばれる物質が増えます。
その結果、血液が海綿体へと流れ込み、正常な勃起の状態となりますが、そのままでは萎えずに血液が停滞したままなので、細胞にダメージを受けてしまいます。
そこで射精などによって性的興奮が収まると、cGMPを分解する酵素のホスホジエステラーゼ(PDE5)が分泌され、血管拡張を抑えて海綿体へと流れる血液の量を減らすことで勃起を静めます。
勃起不全の人はこのサイクルの中でPDE5とcGMPのバランスが悪く、勃起へのスムーズな作用が発揮されないと言われています。そのため、シアリスではPDE5を阻害することで、勃起を維持して途中で萎えるのを抑える効果があります。
シアリスは心筋梗塞や狭心症の治療薬として開発された経緯があり、このことから血管拡張に関わる作用があるため、血圧に関する治療薬との併用が難しくなっています。

主に狭心症や心不全に使われるニトロと呼ばれる硝酸薬は、相互作用を起こして急激に血圧を下がると言われ、併用禁忌のひとつになっています。
また、その他の降圧剤や排尿障害治療薬でも、血圧に変動を起こす可能性があることから、使用には慎重を要するものとされます。
加えて薬剤とは違いますがグレープフルーツなどの柑橘類が持つフラノクマリンが、相互作用を及ぼして効果を阻害するとされるため、併用には注意が必要となります。

正規品とジェネリックで価格差が大きいもの

医者の手の上にお金のイラスト

正規品とジェネリックには価格差が大きいです。
特に価格差が大きい物は古くに特許が切れている医薬品になります。
正規品とジェネリックの価格差はありますが、ぞれぞれメリットデメリットがあります。

まず正規品のメリットは開発した製薬会社が製造販売しているので品質に問題がないです。
万が一、身体に異常が起きた場合でもこれまでの臨床データなどが蓄積されているのですぐに対処が行なえます。
また、正規のルートで医療機関に販売しているため、偽物を使用するリスクがありません。
ただし、デメリットとして価格が高いことです。

ジェネリックのメリットは、何といっても価格が安いので医療費を安く抑えることができることです。
また、同じ成分や効果を持つ医薬品がたくさんあるので、選ぶことができます。
デメリットとしては、正規品と同じ効果が期待できるかが未知数な点があります。
例えば、正規品が効果を及ぼす時間帯にジェネリックが同じように効果が期待できないこともあります。
このため、ジェネリックを希望する場合は、掛かり付けの医師の許可が必要で、事前の相談が大切になります。
しかし、徐々にジェネリックに対する意識や書類も増加したことで利用者は多くなっています。